公認心理師等のための
ストレスチェック
実施者養成研修(JTA)

私たちが目指すのは職場の心の健康づくり
ストレスチェック実施者養成研修を通じて
心理専門職の知識と技術の向上を支援します

ご案内

ストレスチェック制度は,労働安全衛生法の一部を改正する法律(平成27年12月施行)によるものです。事業者には,心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)とその結果に基づく面接指導の実施が義務づけられています。ストレスチェックの実施者は,従来,医師,保健師,厚生労働大臣が定める研修を修了した看護師・精神保健福祉士が定められていましたが,労働安全衛生規則の一部を改正する省令(平成30年8月9日)の施行により,厚生労働大臣が定める研修を修了した歯科医師や公認心理師も実施者として認められるようになりました。この研修では,公認心理師(候補者)を主な対象として,厚生労働大臣が定める学科研修と試験を実施します。

特徴

標準プログラム

厚生労働大臣が定める法定研修です。講師要件を満たす医師や保健師が講義を行います。

オンラインの先着順

必要のある方がすぐに申し込めるように,受講者は先着順にて決定します。国家資格がない状態でもお申し込みいただけます。

便利なお申し込み方法

お支払いはお好きな手段で。銀行振込かクレジットカード払い(オンライン決済)をお選び頂けます。

公認心理師養成の実績

公認心理師資格に確かな付加価値を。一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会(JTA)は,平成30年度公認心理師現任者講習会や公認心理師100人力の企画事業者です。

オンライン継続研修

産業・労働分野の即戦力となるために。ストレスチェック実施者養成研修(JTA)の修了者には,オンライン継続研修の機会をご提供します。

便利なお申し込み方法

お支払いはお好きな手段で。銀行振込かクレジットカード払い(オンライン決済)をお選び頂けます。

対象者

  • 公認心理師(候補者),歯科医師,看護師,精神保健福祉士,JTA会員

※ 公認心理師試験の合否に関わりなく,受講いただくことができます。

※※ どなたでも受講はできますが,公認心理師,歯科医師,看護師,精神保健福祉士,保健師,医師の資格がなければ,ストレスチェック実施者にはなれません(取得見込みの修了者は,該当の国家資格を取得した時点で,ストレスチェック実施者となることができます)。

※※※ ストレスチェックの実施者に関する経過措置により,平成27年11月30日時点で3年以上労働者の健康管理等の業務に従事した経験を有する看護師,精神保健福祉士は研修の受講が必要ありません。

オンライン申し込み

以下のサイトでご予約・お申し込みください。

ご予約・お申し込みサイト