公認心理師等のための
ストレスチェック
実施者養成研修(JTA)

私たちが目指すのは職場の心の健康づくり
ストレスチェック実施者養成研修を通じて
心理専門職の知識と技術の向上を支援します

ご案内

ストレスチェック制度は,労働安全衛生法の一部を改正する法律(平成27年12月施行)によるものです。事業者には,心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)とその結果に基づく面接指導の実施が義務づけられています。ストレスチェックの実施者は,従来,医師,保健師,厚生労働大臣が定める研修を修了した看護師・精神保健福祉士が定められていましたが,労働安全衛生規則の一部を改正する省令(平成30年8月9日)の施行により,厚生労働大臣が定める研修を修了した歯科医師や公認心理師も実施者として認められるようになりました。この研修では,公認心理師(候補者)を主な対象として,厚生労働大臣が定める学科研修と試験を実施します。

特徴

標準プログラム

厚生労働大臣が定める学科研修です。講師要件を満たす医師や保健師が講義を行います。

オンラインの先着順

必要のある方がすぐに申し込めるように,受講者は先着順にて決定します。国家資格がない状態でもお申し込みいただけます。

便利なお申し込み方法

お支払いはお好きな手段で。銀行振込かクレジットカード(Paypal)払いをお選び頂けます。

公認心理師養成の実績

心理専門職をエンパワメント。一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会(JTA)は,平成30年度公認心理師現任者講習会や公認心理師100人力の企画事業者です。

オンライン継続研修

産業・労働分野の即戦力となるために。ストレスチェック実施者養成研修(JTA)の修了者には,オンライン研修の機会をご提供します。

便利なお申し込み方法

お支払いはお好きな手段で。銀行振込かクレジットカード(Paypal)払いをお選び頂けます。

対象者

  • 公認心理師(候補者),歯科医師,看護師,精神保健福祉士,JTA会員

※ どなたでも受講はできますが,公認心理師,歯科医師,看護師,精神保健福祉士の資格がなければ,ストレスチェック実施者にはなれません。

※※ ストレスチェックの実施者に関する経過措置により,平成27年11月30日時点で3年以上労働者の健康管理等の業務に従事した経験を有する看護師,精神保健福祉士は研修の受講が必要ありません。

学科研修(法定研修)

10:00 受付

10:30 開講式・ガイダンス(10分)

10:40 講義「労働者の健康管理」(120分)

   ・労働衛生関係法令

   ・職場の労働衛生管理体制

   ・産業医等産業保健スタッフの役割と職務

   ・労働者の健康管理の基本的考え方

   ・労働者の健康情報とその評価

   ・労働者の健康情報の保護

12:40 昼食(60分)

13:40 講義「事業場におけるメンタルヘルス対策」(90分)

   ・事業場におけるメンタルヘルス対策の基本的考え方

   ・労働者のメンタルヘルス不調の予防と対応、職場復帰支援

   ・職場のストレス要因と職場環境の改善

15:10 休憩(20分)

15:30 講義「事業場における労働者の健康の保持増進を図るための労働者個人及び労働者の集団に対する支援の方法」(90分)

   ・職場における健康教育の知識と技法

   ・労働者との面接の知識と技法

   ・職場における労働者の集団への支援の知識と技法

17:00 休憩(10分)

17:10 研修効果確認(試験実施、採点、合否確認)(40分)

17:50 閉講式(10分)   

18:00 終了


※ 会場によって,講義の順序に変更が生じる場合もあります。

講師

大西 洋三

平成5年、大阪大学医学部医学科卒業。医師免許取得。その後、循環器内科医として病院勤務、理化学研究所での分子疫学研究、企業での創薬事業に従事。この間、一貫して大規模な医療情報を扱う業務に携わる。平成22年より健診事業を中心とした医療法人に所属し日本医師会認定産業医および労働衛生コンサルタントとして多くの企業にて産業医活動を実施している。産業医活動は平成8年から医療機関所属以外でも継続的に行っている。

<主な資格>
医学博士号、日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント、社会医学系指導医

德永 京子

大阪府立看護短期大学(現:大阪府立大学看護学部)・大阪府立公衆衛生専門学校で看護学・公衆衛生学、仏教大学で社会福祉学を学ぶ。卒業後は大阪府に入職、大阪府下保健所で、地域住民の健康相談、家庭訪問、健康づくり業務を担当する。大阪府を退職後、自分にしかできないことで社会貢献することを目指し、ノーマライゼーションとメンタルヘルスをキーワードに講演活動を本格的に開始する。

 
<主な資格>
保健師、精神保健福祉士、介護支援専門員

齋藤 明子

看護師として総合病院およびグループ企業の診療・健康管理を経験したあと、「病気にならないよう支援したい、予防について学びたい」と29歳で保健師学校に進学。卒業後は、保健所(地域保健)に3年ほど勤務、介護退職。先輩保健師の誘いで企業に就職し、安全衛生健康管理活動や健康増進活動に取り組んだ後、平成10年ヘルス&ライフサポートTAKを設立活動を開始し、平成25年に法人化。 

<主な資格>
保健師、労働衛生コンサルタント、キャリアコンサルタント、介護支援専門員、産業カウンセラー

村田 陽子

北海道立衛生学院保健師科卒業後、すぐに産業保健の世界に飛び込む。朝日新聞健康管理室、HOYA健康管理室に勤務後、独立。日経BP社の契約保健師となる一方個人事業主として保健師、看護師向けのセミナーコース「自己決定を援助する健康相談」「参加型健康教室のすすめ方(健康づくりワークシュップ)」を実施。単発受講生は5000名、コース参加者は300名を超える。最近では行政、企業、社会福祉法人での保健事業のコンサルタントとして活躍。

<主な資格>
看護師、保健師、精神衛生相談員

受講費

  • JTA会員(モニター受講者):10,800円(税抜価格10,000円)
  • JTA会員:12,960円(税抜価格12,000円)
  • 一般:16,200円(税抜価格15,000円)

※ 免除科目での受講は受け付けていません。

※※ キャンセルの場合は,事務局までメールでご連絡ください。開催日前日以前のキャンセルは受講費の50%,当日のキャンセルは100%のキャンセル料となります。

ご予約

【募集終了】

  • SC18-01:2018年9月22日(土)東京都千代田区・AP市ヶ谷 Learning Space(講師:德永京子)


【募集中の講座】

 
以下の点にご同意いただいた上で,ご予約をお願いいたします。

(1)ご予約は先着順です。タイミングによっては席をご用意できない場合もありますので,予めご了承願います。
(2)公認心理師候補者の方は,試験で合格しなければ,ストレスチェックの実施者になることはできません。
(3)この研修は,ストレスチェック実施者となるための研修であり,ストレスチェック自体の方法をお伝えするものではありません。
(4)お申し込みに不備がある場合や受講態度に問題が見られた場合は,受講をお断りさせていただくことがあります。
(5)プライバシーポリシー及び苦情・相談窓口特定商取引法の表記については,JTA公式サイトをご覧ください。
(6)ご予約後の流れは,以下の通りです:①オンライン予約(参加申込みフォーム送信) ⇨ ② ご確認メール受領 ⇨ ③ お申込み案内メールの受領(送付まで2-3営業日お待ち下さい) ⇨ ④ オンライン決済(Paypal)または銀行振込(1週間以内) ⇨ ⑤ 受講票の郵送受取(受講日1-2週間前) ⇨ ⑥ 当日受付:受講票と免許コピー(または公認心理師試験受験票)のご持参 ⇨ ⑤ ご受講 ⇨ ⑥ 修了証の受領
 

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
フォーム送信

お問い合わせ

○ストレスチェック(SC)実施者養成研修(JTA)について

  • 一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会(JTA)事務局 ストレスチェック実施者養成研修係(担当者:吉田,横溝)

 メールでのお問い合わせ:sccontact@jtaonline.or.jp